戦争時代にも多かったビタミンB1不足

戦争時代にも多かったビタミンB1不足

実は江戸時代だけでなく、戦争時代にもビタミンB1不足による死者が多く出た時代でした。
日露戦争ではビタミンB1不足による脚気で、死者が25万人も出たというデータが残されています。
この数は戦死者の数よりも多く、栄養不足がどれほどまで人に影響を及ぼすのかがわかります。

 

戦争時代でなぜこれほどまでにビタミンB1不足が出たかというと、白米のみをお腹一杯食べるようなことがあったからです。
逆に戦争で残された人のほうが、ビタミンが豊富な雑穀などを食べていたため防ぐことができたようです。

 

白米のみのような食事はビタミンB1が不足してしまいます。
脚気とはその後ビタミンB1不足の原因だとわかり、その数は減少しています。

 

しかし現代人はジャンクフード、スナック菓子、清涼飲料水などの食べすぎ・飲みすぎにより再びビタミンB1不足が指摘されるようになりました。
糖質が多い食事のみではビタミンB1が摂取しにくく、若い方でカップラーメンやファーストフードのみで済ませている方は注意する必要があります。

 

食生活が不規則な方は、白米より玄米に変えたり、米ぬかを利用できる健康食品の摂取もおすすめです。
食事代わりにスナック菓子を食べる方も、必然的にビタミンB1が不足し、脚気にならなくてもこむら返りが出る可能性があります。