江戸時代に多かったビタミンB1不足

江戸時代に多かったビタミンB1不足

ビタミンB1の不足は江戸時代に多く見られていました。
大河ドラマの「篤姫」にも将軍や町民などが次々に脚気で命を落す姿を見て知っている方も多いでしょう。

 

脚気こそがビタミンB1の不足により起こる病気で、心臓の働きまで悪くすることから命までも奪う病気になることがあったのです。

 

もちろん今ではこの脚気という病気は少なくなっています。
その代わり、潜在的なビタミンB1不足でこむら返りを感じる人もいます。
なかなかビタミンB1不足は気が付きにくいため、本人も体の不調とビタミン不足は関連性がないと感じてしまいます。

 

江戸時代になぜこのビタミンB1不足が多かったかというと、精製した白米を食べる習慣があったからです。
将軍だけでなく庶民の間にも広がり、白米がメインで副食をほとんど食べなかったことから、ビタミンB1不足がおきていました。

 

このビタミンB1不足は大正の時代まで続いていたともいわれています。
昭和、平成と時代が進むにつれて発症する人はほとんど居なくなりましたが、ダイエットのし過ぎや食の細い高齢者などではこむら返りという症状が出ることはがあります。

 

若い女性が痩せるために食べる量を減らしたり、高齢者は自然と食べる量が減るため栄養不足になりやすいといえます。